GUESTゲスト紹介

宝剣岳

小平 奈緒

小平 奈緒

社会医療法人財団慈泉会 相澤病院所属。
長野県茅野市出身。豊平小学校、茅野北部中学校、伊那西高校、信州大学教育学部卒。中学2年次に全日本ジュニア選手権スプリント総合部門で優勝し、“スーパー中学生”と呼ばれる。高校3年次はインターハイ500m・1000mの2冠。

大学時代は日本学生氷上選手権大会(通称インカレ)500mで4連覇。大学2年次に全日本距離別選手権の1000mで初優勝しワールドカップデビュー。大学3年次にユニバーシアード1500mで優勝。卒業後は相澤病院に支援を受け、信州大学教育学部を拠点に活動を継続。

バンクーバー・ソチ五輪を経験したのち、2014-2016に2年間練習拠点をオランダに移して研鑽を積み、帰国後のシーズンから国内外の500mで2年半負けなしの37連勝を記録(ワールドカップは20連勝)。その間、平昌オリンピックでのスピードスケート日本女子初の金メダル、世界スプリント総合優勝2回などに輝いた。

2022年10月競技生活のラストレースとなった全日本距離別選手権女子500mを8連覇13回目の優勝で有終の美を飾った。11月より母校信州大学の特任教授に就任。現在は、講演やイベントに充実した毎日を送っている。

主な戦績

2010年バンクーバー冬季オリンピック大会 チームパシュート第2位(銀メダル)
2014年ソチ冬季オリンピック大会 500m第4位入賞
2017年世界距離別選手権大会 500m優勝、1000m第2位(銀メダル)
2017年世界スプリント選手権大会 総合優勝(総合ポイントの世界記録)
2017年1000mで世界新記録を樹立
2018年ピョンチャン冬季オリンピック大会 500m金メダル、1000m銀メダル
(日本の女子スピードスケート初)
2019年世界距離別選手権大会 500m第2位、1000m第3位
2019年世界スプリント選手権大会 総合優勝(2回目)
2020年世界距離別選手権大会 500m優勝
2021年新型コロナウイルスの流行により国際競技会に不参加
2022年北京冬季オリンピック出場(500m、1000m)